資金が少ない初心者でもできるカメラ転売とは

毎度池ちゃんです。

資金がなければカメラ転売ができないということは全然ありません。

私もカメラ転売を初めて1年半くらいになりますが、

最初はクレジットカードと現金10万円くらいの資金から始めました。

仕入はヤフオクで安いコンデジに絞って入札をしてましたね。

コンデジというのはコンパクトデジタルカメラの略です。

最初は大体5,000円までで仕入れてアマゾンで10,000円前後で販売しました。

限られた資金ですので、10万円の資金で2万円の商品を仕入れると、

5個しか仕入れられません。

5千円の商品なら20個買えますね。

売れて入金があれば、そのお金でまた仕入れる。

売れれば、また仕入れるといった具合に、資金を何回転も回しましょう。

資金は複利で増えていきます。

最初は利益率を高くする必要はありません。

薄利でもたくさん売ることを心掛けましょう。

まずはアマゾンでたくさん売ってアカウントを強くしていきましょう。

アカウントが強くなれば、同じ価格でも売れやすくなります。

これをカートボックスを取るといいます。

ただやみくもに商品を買えばよいわけではありません。

売れなければ在庫になって資金ショートを起こしてしまいます。

仕入れる前にモノレートでこの商品がどのくらい売れているのかをリサーチしなければなりません。

売れた時は折れ線グラフが下降しますので、細かくギザギザになっている商品が

よく売れている商品です。

ヤフオクでの販売もできますが、写真を撮ったり落札までのやり取りなんかの手間を考えると、

アマゾンのFBAに入れてしまうのが、一番簡単です。

FBAというのはアマゾンの倉庫のことです。

フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの世界屈指の配送システムを活用し、

商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでを提供するだけでなく、

Amazon.co.jpでの販売力を強化し、売上拡大を支援するサービスです。

まさに自動販売機です。

自社のオンラインサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、
Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、
Amazonが代行して運用する物流サービスです。
面倒な初期設定や固定費は一切不要です。
出品管理ツール(セラーセントラル)からの出荷依頼だけで簡単、手軽にご利用いただけます。
複数の販路で商品を販売されている方にお勧めです。
例えばヤフオクで売って、アマゾンから発送するといったことが簡単にできるわけです。