カメラ転売の基礎知識

毎度、池ちゃんです。

今日はカメラを扱うなんて予想外中の予想外というあなたに。

私も最初はそうでした。

まずは基本中の基本から。

あなたはカメラの種類を知っていますか?

カメラにはコンデジと言われるコンパクトデジタルカメラ。

マニアに人気のフィルムカメラ。

高価で高性能なデジタル一眼レフカメラ。

というような種類のカメラがあります。

新品カメラ市場は8000円億円。

中古カメラ市場はその上をいく1兆円市場と言われています。

ヤフオクの売り上げランキングでもカメラは3位。

カメラの偽物はありません。

Nikon、キャノン、オリンパスなどは日本が世界に誇れる光学メーカーです。

日本製一眼レフカメラの世界シェアは99%。

コンパクトデジタルカメラの需要はスマホの販売台数の増加によって年々右肩下がりですが、

一眼レフカメラの需要は減ってはいません。

何故か。

コンデジは新商品の発売サイクルが早くて安価な為、ライフサイクルは短く、

一眼レフは高価な為ライフサイクルは長くなっています。

カメラを扱うというと、難しいイメージをもたれがちですがカメラ転売をはじめるにあたっては

カメラ未経験でも全く問題ありません。

細かい使い方や商品スペック、その他カメラ知識を知らなくても、単純に安く仕入れて高く販売すれば良いだけです。

転売の基本は安く仕入れて高く売る、これにつきます。

仕入するものを探して、その商品が売れるかどうかはツールでリサーチ

した上で購入するかどうかを決定するのでリスクはほとんどありません。

資金がなくても1,000円でも5,000円からでもできます。

1個で5,000円でも1万円でも利益を取ることも自由です。

さあ、まだ見ぬ夢の扉を勇気を出して開けてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です