引き寄せの法則 プラス思考 ポジティブ思考が引き寄せた銅メダル

こんにちは。池ちゃんです。

今回はニュースを見て感じた不思議な話。

世界陸上の100m×4リレー決勝で日本が銅メダル獲得の快挙を達成しましたね。

このニュースを見ていて、日本のアンカーの藤光謙司選手に初めてスポットが当たりました。皆さんは藤光選手のことご存知でしたか?

彼はリオ五輪でも控えで、今回の世界陸上でも控えでした。

しかし、彼は出番が来る時に備え、いつ出番が来ても最高のパフォーマンスが発揮できるようにバトン渡しの練習にも余念なく、努力を惜しまない選手でした。

決勝の後、テレビで見た藤光選手の試合前のエピソードにピンときました。

彼は試合前に身に着けていた金のネックレスが切れたそうです。普通、そんな時は「メチャ縁起悪いやん」と思ってしまいがちですよね?

でも彼は、まず最初に「願いが叶う」と思ったそうです。ミサンガのように。素晴らしい!!

私の好きな斎藤一人さんの講和に「引き寄せの法則」というのがあります。

出がけに鼻緒が切れて「出がけに運が悪い」と思う人。

「出かける前に切れて、運が良かった。出かけ先で切れたら大変だった」と思える人がいます。後者にはツキが引き寄せられて集まるそうです。

藤光選手は明らかに後者ですね。

ボルトにとっては不運でしたが、藤光選手は明らかに幸運を引き寄せたと思いました。

インタビューでも「幸運はミーティングで決勝に呼ばれたことだと思ったら、銅メダルが取れました」とおっしゃってました。

明らかにプラスの波動を発信して、プラスの波動を引き寄せていますね。

常に自分としても最善の努力をしながら、マイナスなことは口にせず、プラスの波動を出して、ツキを引き寄せて行きましょう。

人生で成功するには、何事もプラス思考の波動を出して行くことで、共鳴した幸運が引き寄せられるんだと感じたニュースでした。

ビジネスにはツキも大事ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。感謝。